舞台「バトリズムステージVOID」の撮影に行ってきました。

こんにちは、スマイルピクチャーズ川崎の斎藤です。

前回に続き、株式会社Hakua様から撮影依頼をいただきカメラマンとして、オッドエンタテインメント株式会社様の舞台「バトリズムステージVOID 」の撮影に行ってきました。
今回は、私以外に大塚(豊)も初めて演劇撮影を行いました!!

舞台「バトリズムステージVOID 」の撮影は、収録撮影だけではなくライブビューイング&ライブ配信が同時に行われる撮影でした!!

現在、映像業界は新型コロナウィルスの影響でライブ配信が急激に増えています。
もちろん、エンターテイメントは実際に生で観覧をするのが一番です。
しかし、今は変化を求められる時代となり、変わらなければ生き残れないことを痛感しました。

前回とは逆の感想ですね・・・。

そういう意味では、何年も舞台撮影をしていますが、今回は、初のライブビューイング&ライブ配信の撮影をおこない変化への第一歩を踏み出すことが出来ました!!

公演は、客席を半分に減らした為、会場ホワイエに設置された大型スクリーンでのライブビューイングと360 Channel様でのライブ配信が行われ、千秋楽(公演最終日)は視聴者が何百人もいたそうです。

今回の撮影は、テレビの生放送と同じ様な状況でしたので、本当に・・・緊張しました・・・。
とても、良い経験となりました!!この経験を弊社でも生かしていきたいと思います!!

以上、斎藤でした(^^)/

この記事を書いた人

斎藤良平

斎藤良平