感性を揺さぶられる時間「第3回福島県障がい者芸術作品展 きになる⇄ひょうげん2019」

福島県が主催する「第3回福島県障がい者芸術作品展 きになる⇄ひょうげん2019」に行って来ました。

「きになる」を基準に世代問わず福島県内から集まった多くの作品が公開されていました。

「ここが気になるのか、分かる分かる!」

と思う作品もあれば、

「こんなところに気がつくのか」

と繊細な感性に驚いたりと、終始、私の中の芸術的な感性を揺さぶられる時間となりました。

それぞれに本人たちの「きになるところ=こだわり」の様なものが明確にあるものが多く、子どもの作品とはまた違った印象を受けました。

自分の感性がいかに平凡なものか、今回も思い知らされました。
機会があれば是非、お立ち寄りください。

因みに私は「jam band」が良かったです。
今にも音が溢れ出しそうな、躍動感あるバンド演奏が切り絵で表現者されておりました。

●開催日程(観覧無料)
2020年1月29日ー2月2日
郡山市民ふれあいプラザ
10:30-18:30

2020年2月19日ー2月24日
イオンモールいわき小名浜
10:30-18:30

●お問い合わせ先
社会福祉法人 安積愛育園
はじまりの美術館

〒969-3122 福島県耶麻郡猪苗代町字新町4873

この記事を書いた人

金藏 直樹

金藏 直樹

株式会社スマイルピクチャーズ代表取締役社長
神奈川県出身・福島県在住